2016年11月26日土曜日

毎朝の小さな親切

私は毎日バスで通勤しています。毎朝大体同じ顔ぶれがバスに乗ります。OL風のお姉さんや、明らかに市役所勤務のおじさん、たぶん買い物?に出るおばあちゃん、お母さんに連れられ幼稚園へ通園する女の子等々。皆さんの暗黙の了解でバス停へ来た順に乗り込みますが、いつもおばあちゃんは発車時刻ギリギリに来るため、順番で言うと一番後になってしまいます。いつの頃からか、女の子が自分より後に来たおばあちゃんを先に乗せてあげる様になり、他の大人達もおばあちゃんを優先して乗せてあげる様になりました。これには誰も文句を言う人などいません。女の子の小さな親切心が周りの人に伝わり、みんな気持ちの良い朝と通勤をする事が出来ています。毎朝同じ時間に同じバスに乗る名前も知らない者同士ですが、以前は無かった「おはようございます」の挨拶も自然に交わす様になりました。“小さな親切”が積み重なると“思いやり”が生まれます。“思いやり”が膨らむと“やさしさ”の風船が出来上がります。たくさんの風船が空へ舞い上がる風景をみんなで創りましょう。

2016年11月21日月曜日

笑顔と心のこもった行動

 以下は、お客様からのお手紙です。

拝啓
今回、ロイヤルインテリアさんへマンションのリフォームをお願いしました、Gと申します。
 お世話になり有難うございました。が、製品メーカーの手違いで、工期が遅れたり、製品の不備があったり、種々不満があり、一言申し上げたくお便りいたします。
 システムキッチンでは、必要じゃない所に穴を開けたり、ドアは右左逆のを送ってきたり、シャワーは、部品が入っていなかったり、日程がずいぶん延びてしまいました。
 又、シャワーは、完全防水と言いながら下部に穴が開いていて水がもれるものです。メーカーの担当がきて、やり直しましたが、相変わらず穴は開いたままで、水は漏れませんと言って帰って行きました。今でもシャワー使用中に水がもれます。メーカーの質の問題もあると思いますが、顧客ニーズを考えていない思い上がりを感じます。
 普通でしたら腹が立って仕方がないところですが、御社の担当のWさんの誠意ある対応で何度救われたことでしょう。
 何時も、笑顔を絶やさない。電話をすれば、誠意ある対応をしてくださる。こんな方がロイヤルにいらっしゃるのだと思うとほのぼのとした気持ちにさせられます。大工の棟梁も、また使っている人達も滝のような汗をかきながら、本当に良い仕事をして下さいました。クロス屋さん、配線、配管の職人さんも黙々と仕事をこなし、ロイヤルさんは、本当に良い職人さんを使っているなと、感心しました。
 Wさんの人柄、職人さんの質の良さのおかげで、救われました。本当に感謝しております。
草々

以上、本当はお叱りのお手紙のはずですが、担当者のすばやい誠意ある対応で、最後にはお客様に感謝頂きました。嬉しくなりますね。
 これからも私達は親切心と責任を持って、お客様に喜ばれる仕事をしていきたいですね。


2016年11月19日土曜日

本日は、雨。

雨の日、バスの乗車中の中、乗客は傘を折りたたんでバスに乗車します。
通勤時間帯は満員で座席に座れるわけでもなく、立ったまま駅に向かいますが、
同じく立っている隣の人は、濡れた傘を、他の人に触れない様に自分の体で隠していました。
当然、その人の衣服は濡れてしまうのに。
自分もそんな対応に気づくと、自分も必要以上に、気をつかったりして。

何気ない動作、気づかいのひとつが、周りにも連鎖していく。

それもごく自然に。


そんなことが大切なんだと気づく通勤途中でした。


2016年11月13日日曜日

年齢とともに・・・。

最近、朝起きて調子が良いな・・・って思うことが少なくなりました。
悲しいかな、年齢にはかないません。しかしながら、元気溌剌にお客様から思われるのです。(笑)
プロ意識?と云えるのか、接客してると気力がみなぎってくるのです。毎日、幸せな環境で過ごしており感謝の連続。「親切」にされている瞬間が多く、道を譲られたり、席を譲られたり、もしかして、私はかなりお疲れモードにみられてるのかもしれませんね・・・。親切な皆様に敏感でいたいものです。人に優しくされているばかりではいけませんね。親切にされてる分以上に、周りの方々に配慮して生きていければ・・・。親切・優しさ・思いやり、こんな素敵な言葉を大切に意識を高めて年相応な毎日を過ごしていきたいものです。

2016年11月12日土曜日

ある日の出来事。

熱海の駅前は連日賑わっております。

弊社のお店がある第一ビルにも、

お土産を買いに来られる方や...

食事処を探されに来る方...

いろんな方がお見えになっております。



そんな中、先日体験した嬉しい出来事をお話します。

ある日昼食を取りに同じビル内にあるB1のレストラン街に行きました。

辺りをキョロキョロを見渡しているおばぁちゃんがいました。

「どうかしましたか?」と声を掛けました。

駅に辿り着けなくて迷っていると言うのです。

確かに古いビルで初めて来る方には分りづらい造りです。

道を教えてあげ、駅まで送ってあげました。

すると、当たり前の事をしたのにも関わらず、とても感謝してもらい、

どうしても何お礼がしたいからと、缶コーヒーを買ってくれたのです。

私もお断りしつつもそれほど感謝して頂き、とても嬉しく思ったのを覚えています。



当たり前の事を当たり前のように行う。

今後も誰か困っている人がいたら助ける。

熱海で一番の温かみある人間になりたい。

そう思った今日このごろでした。

熱海店 営業 H


2016年10月25日火曜日

些細なことから始まる

毎年、夏に「24時間テレビ」を観て、私が日常生活で普段当たり前と思っていることが、当たり前では決してないこと、命の大切さに気づかされます。「健康」がどんなに有り難く、幸せなことか・・。人それぞれ悩みや、苦労は違いますが、頑張って苦難を乗り越えようと必死で努力する姿は、誰もが輝いてます。
自分さえよければいい。という思いは持たず、自分が誰かの為に、何ができるのか?大きなことではなく、小さなことの積み重ねが大事だと思います。一人ではなく、皆と協力し合うことで、次第に大きな力と成り、困っている誰かを助けることができる。そのような思いを忘れずにいたいです。
また、時々、コンビニで買い物をした際、お釣りの中から募金箱に、少しですが小銭を入れるようにしてます。


2016年10月23日日曜日

身近な小さな親切心

 最近は、朝、通勤の際にバス停に同時に着いた方に「どうぞ」と順番を譲って頂いたり、バスを降りる際に「先にどうぞ」とお声を掛けて頂いたりします。また、電車でご家族に席を譲ろうとした所、「子供は膝の上に乗るので大丈夫ですよ。」とお気遣い頂いた事もあります。
 朝は特に忙しく、会社や学校等へ急いでいるというのに私の事を考えて下さる方がこんなに多いのかと驚きました。
 身近な小さな事ですが、嬉しい気持ちになりました。私も見習って、心に余裕がない時でも人を思いやる気持ちを忘れないでいたいです。

 一方で、バスや電車で列に横入りをされてしまうこともあります。大勢の方が利用される所では特に親切心を持って、マナーを守る事が大事だと思う今日この頃です。